戻る
用語説明
  1. ここでは便宜上、

    メーリングリスト名:coara@ml.coara.or.jp
    コマンド送信先名:coara-ctl@ml.coara.or.jp

    とします。なお、この名前のメーリングリストは実際には存在いたしません。

  2. このページでは[ ]で囲まれた部分は、説明用に付加している内容であり、実際のメールの本文では、適宜[ ]内の説明に置き換えてください。
    +は文字列の連結を意味します。前後の文字列と連結して一つの形となります。


1.コマンドの使い方

このメーリングリストサーバには、さまざまな機能が搭載されています。その機能を使うときは『英単語からなる命令(以下、「コマンド」と呼びます)』 の内容のメールを、指定されたメールアドレスに送って下さい。

メーリングリストサーバにコマンドを送り、過去の記事を取り寄せたり、配送を一時停止するためには、
アドレス

[メーリングリスト名]+-ctl@ml.coara.or.jp
例)coara-ctl@ml.coara.or.jp

にコマンドを含むメールを送って下さい。
送るべき内容は

#+[半角スペース]+コマンド+[半角スペース]+オプション
例)# help

の形です。

注意: 通常コマンドは英語と数字だけからなります。コマンドは、メール本文 の先頭から、「help」という形式で書きます。コマンドは大文字でも小文字 でも同様に認識しますので、「help」は「Help」でも「HELP」でもかま いません。
ただし、DBCS(2バイト文字, いわゆる全角文字)で「# HELP」として も認識しませんのでご注意ください。オプションは通常大文字小文字を"区別 します"。

【例1】

--------- メール本文 --------------
# help
---------------------------------

メール本文が↑のメール(内容が"help"だけを含むメール)を送ると、このヘルプ・ファイルが送られてきます。またコマンドは help でも HELP でも構いません(大文字小文字を問いません)

【例2】

以下は、過去の10番目の投稿から5つ分を取り出して、参加しているメンバー のリストを取り寄せるコマンドメールの例です。

--------- メール本文 --------------
--------- mail body --------------
# help
# get 10-14
# members
# exit
---------------------------------

page top
2.もし、わからなくなったら?

基本的な情報はメーリングリストから送られてくるメールのヘッダー部分を見て下さい。

"メールを読むためのソフト(いわゆるメーラー)"の中には、これらの X-なんとか という行を勝手に削るものがあります。

またさらにひどいことに X-なんとか 行を残すように設定変更すらできない場合もあります。
その場合これらの有益な情報は見えません。

【例1】

X-MLServer: fml [fml 2.1_RELEASE](distribute + commands available mode)
  [意訳:このアドレスでは配送とコマンドともにうけつけます。]

X-ML-Info: If you have a question, send "help" to the address coara-ctl@ml.coara.or.jp
  [意訳:操作がわからなければ coara-ctl@ml.coara.or.jp へ "help" を送ってください]

【例2】

X-MLServer: fml [fml 2.1_RELEASE](distribute only mode)
  [意訳:↑ このアドレスは配送専用です。]

どうしてもわからないとか、エラーメール等が返ってきたりした場合は、メー リングリストの管理者

[メーリングリスト名]+-admin@ml.coara.or.jp

までメールを送って下さい。出来るだけ、

何をして、そうなったのか?
その時投げたメール、返ってきたメール

をつけてメールしてもらえると、問題解決の手掛かりになり早期解決につながります。

 

page top
3.コマンドの一覧

以下の説明は

コマンド 説明と具体例

の形でならんでいます。
なお、[ ]で囲まれた部分は省略可能です。

3-1) 情報の取り寄せ・基本的なコマンド

help コマンドのヘルプ(このメールの内容)
objective メーリングリストの目的、約束事を読む
guide 一般的な案内を得る
(メンバーでない人でも取り寄せ可能)
msg

管理者へメールを送る
「msg」コマンドが含まれているメールは、管理者にそのまま転送されます。
なお、「msg」コマンドの後のコマンドはすべて 無視されます。

例:
guide
msg
こんにちは。ここがメッセージです。
objective

この例では「guide」は実行されて案内の文書が 取り寄せられますが、「objective」は実行され ません。

summary [引数] 過去の記事一覧を得る(Summary全体を送る)
引数: 記事の番号、番号の範囲

例:  
summary …全記事の一覧
summary last:10 …最近10個の記事一覧
summary 100-200 …記事100〜200 の一覧だけを得る

exit コマンド列の終り
これ以降にどんな文字があっても、メーリングリス トサーバはコマンドとは認識しません。
メールソフトで Signature が自動につく場合等に便利です
end exitと同じ
quit exitと同じ

3-2)メンバー情報や配送の停止・脱会等

members 投稿可能なメンバーリストを得る
サーバが自動登録に設定されている場合 actives で得られる配送リストと同一です。
actives (実際に配送されている)メンバーのリストを得る
管理者が手動で登録しているメーリングリストの場合は配送リストそのものです。
自動登録の場合はこれで取り寄せられる一覧は意味がありません。

注意:メンバーリストのファイルの形式について
actives に掲載されているアドレスが実際にメールの配送先になりま す。
行頭に「」が一つついているアドレスは、一時的に配送を止めてい ます。これは「on」によって再開されます。
「BYE」はメーリングリストから脱退したメンバーのアドレスです。

status [アドレス] 現在の設定を得る
まとめおくりや配送停止などの設定情報が得られま す。
オプションはメールアドレスを指定します。
オプションを省略すると自分自身の状態です。
stat [アドレス] statusと同じ

〜 配送のモード等について 〜

複数のアドレスが登録してある場合の ON, OFF, MATOME 等の操作は、操作するべきアドレスが一つに特定できるまでアドレスを一意に特定できるまでアドレスのチェックを厳しくしてチャレンジします。
※どうしてもだめな場合だけは管理者へコンタクトして下さい。

skip 配送は停止されるが、投稿は可能にする
複数箇所のアドレスからMLへ投稿する場合
投稿はできるが、配送はされないアドレスと設定する
noskip skip の設定をやめる
off MLの配送を一時的に止める
長期休暇、出張などでメールボックスの溢れが気になる場合に利用してください。
on off の設定を解除し、配送を再開する
bye MLをやめる
unsubscribe MLをやめる

 

・メンバーリストのファイルの形式について

actives に掲載されているアドレスが実際にメイルの配送される先になります。行頭に「」が付いているだけのものは一時的に配送を止めているもので、「on」によって再開されます。「BYE」は脱退された方の残骸です。

3-3)ドメイン名が変更になった場合

old-address を new-addressへ変える

メーリングリストに参加するアドレスを変更するには

chaddr 古いメールアドレス 新しいメールアドレス

という内容のメールを送るとメールアドレスを変更することができます。

必ず『古いアドレスから』このコマンドを送ってください(「コマンドの使い方」の仕様)。

結果にかかわらず、新旧両方のアドレスとMLサーバの管理者の3人に変更の 通知がメールで送られます。

3-4)まとめ送り

まとめ送りは、即時配送ではなく、N時間“おき”にまとめて送られる配送方式です。この N を matome コマンドの引数にして指定して下さい。
いつ配送されるか?は 0 == (24 % N) の時、つまり modulus です。

注意:以下の説明では「matome」は「digest」としても同様の動作になります。

例:

matome 3mp 3時間おきに MIME/Multipart 形式でおくる。
digest 数字(0-12)
matome 数字(0-12)
配送間隔おきのまとめ送りに設定する
配送間隔は、毎日午前0時を起点としてはじまりま す。ですから、引数に「13」以上の数を指定しても、 一日一回の配送になります。 default は gzip した Unix From つきのファイルの固まりです。
digest 数字(13-36)
matome 数字(13-36)
一日一回指定時間のまとめ送りに設定する
13〜36の数字がこのケースに当てはまります 午前5時のまとめ送りを設定したいときは、24+5=29 を指定してください。
午後5時は17時なので 17 で指定して下さい。
undigest
unmatome
digest 0
matome 0
普通の配送へ戻す

例:  
matome 1 まとめ送り 1時間に一回(gzipd)
matome 2 まとめ送り 2時間に一回(gzipd)
matome 2u まとめ送り 2時間に一回(plain text)
matome 2mp まとめ送り 2時間に一回 MIME/Multipart形式で
matome 17 まとめ送り 一日一回と同じ(gzip-d)
この場合は17時に来る
matome 29 まとめ送り 一日一回と同じ(gzip-d)
この場合は午前5時に来る
※ matome 5 は5時間“おき” という意味

オプション (数字の後ろにつけるオプション):

オプションなしはGZIP(UNIX FROM)
u
PLAINTEXT(UNIX FROM)  
uf
PLAINTEXT(UNIX FROM)  
i
lha + ish  
ish
lha + ish  
mp
MIME/mMultipart PLAINTEXT
d
RFC1153 format PLAINTEXT
b
RFC934 format PLAINTEXT(mh-burst)
rfc934
   
tgz
tar+gzip で spool.tar.gz  
ish
lha + ish  
lhaish
   
i    
li    
lu
lha + uuencode  
lhauu
   
unpack
PLAINTEXT(UNIX FROM)  
zip
zip して base64 で送る  

3-5)過去の記事の取り寄せ方

index "get", "mget" で取り寄せ可能なファイルのリストをかえす。
index ファイルがあるのなら、それを返します。
get 数字 過去の記事を得る (resend されます)
ひとつずつ plain text で返送されます。
send 数字 同上
get 複数の記事指定 [モード] [時間間隔]
mget 複数の記事指定 [モード] [時間間隔]
 

スプールの記事や(もしあれば)アーカイブにあるファイルを一つのメールにまとめて送り返す。

例:  
get 20-30 記事20〜30を得る
mget 1-10,15 記事1〜10、15を得る

※注意: "get" コマンドの引数が『数字』ならば、その数字のCountを持つ記事 が resend されます。"get" コマンドがそれ以外の形式 (e.g. get 1-10) であれば mget と同じ動作をします。その場合 "get" と "mget" の違いはファイルの形式で

get のデフォールトは MIME/Multipart
mget のデフォールトは tar.gz 形式

のように設定されています。

●get、mget で複数の記事を取り寄せる場合の引数:

範囲を指定 1-10,12,15-100 1,2,10
first first:10 last:30 100-last(mh的 Syntax)
モード gz tgz ish rfc934 b rfc1153 d unpack uf(default=tgz)
時間間隔 送り返すメールが複数の時の間隔(default=300)

●get と mgetの違い

mget はまとめて記事を得るための専用コマンドですので、記事一 つだけを指定した場合には、そのコマンドは無視されます。get は、 一つだけのときと複数の記事が指定されたときでは違う動作になりま す。どちらもまとめて記事が得られるコマンドですが、返送されるファ イルの形式が異なります。

get MIME/Multipart
mget tar.gz 形式

ただし、[モード]を指定することで、形式を変えることも出来ます。

モード:

オプションなしは tar+gzip で spool.tar.gz
tgz tar+gzip で spool.tar.gz
uf PLAINTEXT(UNIX FROM)
gz GZIP(UNIX FROM)
b RFC934 format PLAINTEXT(mh-burst)
rfc934  
ish lha + ish
lhaish  
i  
li  
lu lha + uuencode
lhauu  
unpack PLAINTEXT(UNIX FROM)
uu UUENCODE
d RFC1153 format PLAINTEXT
rfc1153 RFC1153 format PLAINTEXT

 

 

page top
4.標準でないコマンド

以下のコマンドは管理者のポリシーによって使っていないこともあります。
デフォールトでは使わないようになっています。

○ 個々に取り寄せる場合

過去のメールを一通単位で取り寄せるには「get」を使います。 以下にメールの本文に書く例を示します。

(1) 1 番目のメールが欲しい

get 1

(2) 1 〜 3 番目のメールが欲しい

get 1
get 2
get 3

○ まとめて取り寄せる場合

まとめて過去のメールを取り寄せるには「mget」を使います。以下にメールの本文に書く例を示します。

(1) 100 〜 200 番目のメールが欲しい

mget 100-200

(2) 100 〜 200 番目のメールを複数になる場合は 30 秒間隔で欲しい

mget 100-200 30

(3) 100 〜 200 番目のメールを PLAIN TEXT で欲しい

mget 100-200 unpack

(4) 100 〜 200 番目のメールを LHA + ISH で欲しい

mget 100-200 ish

(5) 100 〜 200 番目のメールを 30 秒間隔、PLAIN TEXT で欲しい

mget 100-200 30 unpack

 

返送されるメールは 1000 行で切ってバラバラに送られるので、送り返されてくるメールとメールの時間間隔を指定して下さい。先の例では 30 なので 30 秒間隔で送り返されます。

指定しなかった場合の時間間隔は 5 分です。

フォーマットを指定しなかった場合、ファイルは tar でまとめられ gzip され uuencode されて送り返されます。

1000 行を越える場合は複数のメールに分けますので、自分でつなげて解凍してください。

page top
戻る