emo-mag メーリングリスト
[コアラトップページ] [全てのメーリングリスト] [emo-mag トップページ]

iichiko総合文化センターメールマガジン

Subject: iichiko総合文化センターメールマガジン
From: mailmag@xxxxxxxxx
Date: Thu, 11 Jul 2013 20:21:36 +0900
Importance: Normal
User-agent: SquirrelMail/1.4.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇iichiko総合文化センター メールマガジン【イベント案内号】◆◇
◆◇ 2013年7月11日号 ◆◇   http://www.emo.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇INDEX◇ ―――――――――――――――――――――――――――


■ おしゃれな人は伝統芸能にも詳しい
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪‥♪  歌舞伎で「自分磨き」をしよう  ♪‥♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



健康で活動的なカラダ。

たかい技術やセンス。

人に語れる知識・教養を持っている人は

実に美しくかっこよく見えます。



ちょっとした会話の中にも

他の人とは一味違ったレベルの高い内容が

自然に口から出る人って

素敵だなと思いますよね。



こういう人が最初から素敵だったのかというと、

もちろんそうじゃありません。



自分の興味のある事を少しずつ積み上げる。

日々の努力のたまものです。




普段から余暇を利用して

スポーツクラブに通ったり

あるいは講座を受講して資格を取る。


または趣味の世界をグッと深める

カルチャースクールに通う。



「自分磨き」 は今や充実したライフスタイルの

スタンダードになりつつありますね。




ところで今年は

春に歌舞伎座がリニューアルオープン。

夏からはテレビで

歌舞伎界を舞台としたドラマも始まります。



富士山も世界文化遺産に登録されましたし、

最近は日本の伝統に注目が集まり始めています。



グローバルな時代になってしまったからこそ


「日本らしさって何?」


ってみんなが思うようになってきました。




「日本の日本らしさを勉強してみようかしら。」


「自分を高めるために

 日本の伝統芸能でもたしなんでみようかな。」


「外国人のお友達に

 カブキについて語れるようになってみたいなあ。」



そんなところから始めてみるのも

いいかもしれません。



ところが、ふだん大分では

なかなか歌舞伎を観ることがでず、

福岡や東京に行くしかありません。



安くはない旅費がかかっちゃいますね。



でもご安心。 9月21日(土)は

iichikoグランシアタにも松竹大歌舞伎がやってきます。



歌舞伎ブームのなか、

大分でナマの歌舞伎を観ることができる

数少ないチャンスです♪




しか〜し!




歌舞伎というのはある程度予備知識がないと

いったい目の前で何が行われているのか

よくわからない。(汗)



有名歌舞伎役者をこの目で見るだけで楽しいんだ

というなら話は別ですが・・・・・



当日は

音声ガイドサービスも用意されているとはいうものの

数に限りもありますし、

できれば事前に少しは勉強しておきたいもの。




会場で何もわからず戸惑ってしまったり

わからないがゆえに上演途中に眠くなってしまったり・・・




そんな事になるよりは、

一緒に行った人に


「今日の演目はね・・・・・」

「中村吉右衛門家は比較的新しくてね・・・」

「今日の演目の『沼津』のだいたいのストーリーは・・」


なんてさりげなく教えてあげられるようになると

スマートでおしゃれですよね。




そういうあなたのために、来る8月4日(日)に

「もっと楽しむための歌舞伎レクチャー」

を開催することにしました♪

 http://cl-sc.net/afpartners/c/06688.html




古典芸能解説者として有名な

元NHKアナウンサー、葛西聖司さんが、

正統派の歌舞伎の知識や楽しみ方を

軽妙でわかりやすいトークでレクチャーしてくれます。



歌舞伎鑑賞当日に

しっかりと楽しんで頂ける知識が

あなたの身につきます。



もちろん、歌舞伎観賞のベテランでも

歌舞伎の深〜い所が理解できる内容

ですので、ぜひお楽しみに。




チケットのお求めは

iichiko総合文化センター1Fインフォメーションで。


お電話でのご予約も可能です。



学生券は無料ですので

この機会に「歌舞伎」にちょっとだけ興味のある方も

どうぞお出でください♪




△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


 ■ もっと楽しむ 歌舞伎レクチャー ■

 http://cl-sc.net/afpartners/c/06689.html

  講   師:葛西聖司

  日   時:平成25年8月4日(日)
         11:00〜12:30

  場   所:iichiko総合文化センター地下1階
         映像小ホール

  料   金:一般 500円
         学生 無料 (当日学生証の提示が必要です)

  発売開始:6月15日(土) 10:00〜

  チケット :iichiko総合文化センター1F インフォメーション
         TEL 097−533−4006

  お問合せ:(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団
         TEL 097−533−4004


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★iichiko総合文化センター メールマガジン
                 プライバシーポリシーについて ★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンにご登録いただいているメールアドレス等個人情報は、
今後とも最大限の注意を払って管理し、当財団からの各種公演告知や
募集のご案内等情報配信及び財団のサービス向上のための参考資料作
成に限って使用します。

配信停止の手続きがなされた場合は、速やかに配信登録が削除される
よう設定致しております。

======================================================================
■■□♪♪御意見、お問い合わせは、こちらまでお願いします。♪♪□■■
 mailmag@xxxxxxxxx  皆様のご意見、ご要望など、お待ちしています!!
======================================================================
★アドレスの変更・配信の停止を希望される方は
http://www.emo.or.jp/mailmagazine/index.html
にて、お手続きください。

★このメールをより快適にご覧いただくには
Windowsの方はMSゴシックやMS明朝、
Macintoshの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」の設定をお薦め致します。

***********************************************
発行:(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 
住所:〒870-0029 大分市高砂町2-33
電話:097-533-4004
編集:企画普及課 賀来 真
http://www.emo.or.jp/
***********************************************
前のスレッド] このスレッド [次のスレッド