emo-mag メーリングリスト
[コアラトップページ] [全てのメーリングリスト] [emo-mag トップページ]

芸術品といわれる「ベーゼンドルファー」 ◆◇iichiko総合文化センター メールマガジン◆◇

Subject: 芸術品といわれる「ベーゼンドルファー」 ◆◇iichiko総合文化センター メールマガジン◆◇
From: mailmag@xxxxxxxxx
Date: Wed, 4 Jan 2012 11:20:53 +0900
Thread-index: AczKh3uq7cL0XfnNTO+6Aq+UYSKHEw==
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇iichiko総合文化センター メールマガジン【イベント案内号】◆◇
◆◇ 2012年1月4日号 ◆◇   http://www.emo.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




あけましておめでとうございます

いよいよ2012年の幕開けです。


よい年を迎えることができましたでしょうか?



iichiko総合文化センターも本日から営業開始いたします。

今年もよろしくお願いします。



さて年末に引き続き、今回も

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


      「ベーゼンドルファーの魅力」

         レクチャーコンサート

        平成24年1月7日(土) 開演 14:00〜

           (13:00から入場整理券を配布)

 http://www.emo.or.jp/notice/20120107bosendorfer/


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



の開催についてのご報告です。



前回は 「ベーゼンドルファーを愛したピアニストたち」

についてお話しました。



 「ちょっと行ってみようか。」



なんてそろそろその気になってきましたか? (笑)




今日は 「芸術品としてのベーゼンドルファー」

についてのお話を。




ベーゼンドルファーは創業から180年と永い歴史の中で、

まだ48,000台しか製造しておらず、現在、

年間の製造数は僅かに350台という数字でしかありません。



およそヤマハの100分の1、スタインウェイの10分の1です。



これは、ベーゼンドルファーが伝統的な音色、技術を重視し、

いわゆる大量生産ではなく優れた技術者たちが一台、一台、

十分に時間をかけて造り出していく「芸術品」だからです。



一台のピアノ製造工程にかけられる期間は約62週間。

そして調律・整音などの最終調整にかける期間は約8週間。



まさに職人たちの魂を込めた業ものであり、

現在に至っても世界の人々に愛されつづけている由縁が

そこにあるのです。





中でも今回演奏されるのは

「インペリアル」とも呼ばれる最上位機種のフルコンサートグランドピアノ

「モデル290」というベーゼンドルファーの代表機種です。





標準の88鍵の下にさらに4〜9組の弦が張られ、

最低音を通常よりも長6度低いハ音とした完全8オクターブ、

97鍵の鍵盤(エクステンドベース)を持つピアノとして有名です。



これはフェルッチョ・ブゾーニがJ.S.バッハのオルガン曲を編曲したとき、

低音部に標準のピアノでは出せない音があったため、

ルードヴィッヒ・ベーゼンドルファーに相談したことが始まりと言われています。



エクステンドベースが追加されたことによって弦の響板が広がり、

共鳴する弦も増えて中低音の響きが豊かになりました。



しかしそのため、しばしば一部のピアニストからは


  「中低音の響きは豊かだが、

   高音とのバランスを考えて弾かなければならず、

   弾きこなすのが難しいピアノだ」


と言われています。



ですが、裏を返せば


  「色彩豊かな力強い音色を醸し出すことができる

   奥深いピアノだ」


とも言えるわけです。




以前は、拡張域の鍵の部分に蓋を付けることで、

一般の曲の演奏時に間違って弾いてしまうことを防いでいましたが、

今ではその部分の白鍵も黒くすることで区別しています。



今回使用されるピアノも、この「黒い鍵盤」がついていますので

ぜひ実際にご覧ください。



さて、

難しいが、弾きこなせば力強く豊かな音が出せる

ベーゼンドルファーを誰が弾きこなすのか?




次回は、気になる

レクチャーコンサートの講師陣のご紹介です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★iichiko総合文化センター メールマガジン
                 プライバシーポリシーについて ★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンにご登録いただいているメールアドレス等個人情報は、
今後とも最大限の注意を払って管理し、当財団からの各種公演告知や
募集のご案内等情報配信及び財団のサービス向上のための参考資料作
成に限って使用します。

配信停止の手続きがなされた場合は、速やかに配信登録が削除される
よう設定致しております。

======================================================================
■■□♪♪御意見、お問い合わせは、こちらまでお願いします。♪♪□■■
 mailmag@xxxxxxxxx  皆様のご意見、ご要望など、お待ちしています!!
======================================================================
★アドレスの変更・配信の停止を希望される方は
http://www.emo.or.jp/mailmagazine/index.html
にて、お手続きください。

★このメールをより快適にご覧いただくには
Windowsの方はMSゴシックやMS明朝、
Macintoshの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」の設定をお薦め致します。



****************************************
発行:(財)大分県文化スポーツ振興財団 
住所:〒870-0029 大分市高砂町2-33
電話:097-533-4003
編集:施設管理課 賀来 真
http://www.emo.or.jp/
****************************************
前のスレッド] このスレッド [次のスレッド
  • 芸術品といわれる「ベーゼンドルファー」 ◆◇iichiko総合文化センター メールマガジン◆◇, mailmag <=