bungo-baroque メーリングリスト
[コアラトップページ] [全てのメーリングリスト] [bungo-baroque トップページ]

[bungo-baroque:00462] Re: 低価格チェロ

Subject: [bungo-baroque:00462] Re: 低価格チェロ
From: "安部 高樹" <t-abe1957@xxxxxxxxxxxxxxxxx>
Date: Sun, 28 May 2006 18:32:01 +0900
チェロといえば、高校生の時にチェロを買いました。
正しくいえば親に買ってもらいました。
スズキの5万円のチェロでした。確か、5万円でボウ付き。
ちなみに高校の時に持っていたエレクトリック・ギターは、
小遣いを貯め、近くの金融品屋(質流れ品などを扱う店)で
買いました。

NHK教育TVでカザルスの演奏を見て感動して、というのは嘘で、
ロックバンド、クリームの「Wheel of Fire(邦題は確か
「クリームの素晴らしき世界」)」にチェロを使った恰好いい曲があって、
無性にチェロを弾きたくなったのでした。
弾いていたのは、フェリックス・パッパラルディ?
確か近所の宇佐楽器で買いました。

しかし、宇佐にチェロの先生はおらず、中津あたりにもおらず、
教則本を買ってきて独学を試みましたが、挫折。
何せ、指で弦を押さえながらビブラートをかけ、
ボウで弾くというのができない。

その後、東京に行ってからチェロは宇佐の実家に置きっぱなしでしたが、
大学院生の時に大学の劇団の音楽を担当していて、突如、
チェロの音を入れたくなり、実家のチェロを送ってもらったのですが、
○○通運が運送の途中で壊してしまいました。
駒のあたりが、バリッと裂けていました。
キャンバス地のソフトケースのまま送らせた私も悪いが、
それで大丈夫といった○○通運の人も悪い。

その後、チェロは弁償してもらいました。○○通運の人が、
スズキの同程度のモデル、つまり最も安いモデルを買いに行き、
それを私のところに持ってきたのでした。
6〜7年の間にスズキの最安価モデルは5万円から13万円に値上がりしていました。

このチェロはその後もほとんど弾かれることはなく、たまに指でジャズ風の
ベースラインを弾かれるだけで、私のアパートの片隅に箱に入れられて
眠っていましたが、ある時、引越しの際に単なる場所ふさぎのこれを
始末しようと思い、東京・本郷の「文京楽器」に持って行き、販売を委託しました。

文京楽器の人は、「こういう安いものはなかなか売れませんよ・・・・・・」
と少々困惑した顔でしたが、持って帰るのは嫌だと無理矢理置いてゆき、
ほぼ10年、このチェロのことは忘れていました(というか忘れるように努めていました)。

1994年頃、あのチェロはどうしただろうと
おそるおそる文京楽器に電話をしてみました。
おそるおそるなのは、「あのチェロ、やはり売れませんよ。持って帰ってください」
と言われたら怖いからです。
でも、その時には車も持っていたので、
そういわれたら取りに行こうと思っていました。
一応、文京楽器の預り証は持っていたので、「何のことでしょうか?」
とは言わせないつもりでした。
すると、電話に出た人は帳簿を調べてみるといい、
数日後、文京楽器から電話がありました。
かなり前に5万円で売れていたが、私の連絡先がわからないので困っていたとのことでした。

数日後だったか数週間後だったか、文京楽器から5万円が振り込まれました。

結局、私は親から5万円貰ったことになります。
父よ、母よ、ありがとう。
畢竟、いわゆるバカ息子だな、私は。

安部 高樹
URL : http://www.shihoo.com
e-mail : abe@xxxxxxxxxx
前のスレッド] このスレッド [次のスレッド